研究成果物

本ページでは、産業保健経営学研究室の研究成果物を公開しています。

 

生産性を意識した産業保健のプラニングガイド

 本ガイドは、事業場において産業保健プログラムの企画を行う際、医学的な指標や安全衛生リスク上の指標のみでなく、労働者の生産性に関わる指標を用いて、ニーズの把握やプログラム立案、実施評価を行うことを前提としたガイドです。

 ⇒本ガイドが使われる具体的なシナリオも併せて公開しました。(⇒ 生産性を意識した産業保健プラニング_シナリオ

 

 

MH診療情報提供依頼書マニュアル

 「精神科主治医からの情報提供を充実させるために産業医が依頼文書に記載すべき要素の検討」産業衛生学雑誌 2018; 60(1): 1-14より

 ⇒本マニュアルが使われる具体的なシナリオも併せて公開しました。(⇒ 主治医との連携シナリオ

 

 

健診 労災疾病臨床研究(H29-H32)(研究代表者:森晃爾)
http://ohtc.med.uoeh-u.ac.jp/ohpm/kenshin-mori/